千葉県で家族葬を営むお考えのある方は必見です

家族葬は、30年ほど前は、言葉すら存在していなかったものの、現在では葬儀全体の三割を占めるまでになっています。インターネットが登場する前は、選択肢が事実上なかったために、葬儀業者に促されるままに大規模な一般葬をすることになるのが通例でしたが、インターネットの普及で、自由に選択する手段を人々が手にしたことで、せきを切ったように増え、今や比率が四割である一般葬に、迫る勢いで増え続けています。もはや葬儀形態の主流といったものは存在しなくなっていますから、人々は横並び意識を持つ必要もなく、故人と遺族の希望だけで自由な選択ができるようになっています。インターネットで検索すれば、何の心づもりもない状態から探し始めても、数十分で最終選択までできます。

葬儀社はリアルタイムで選ぶべき

葬儀形態を家族で話し合ってある程度決めておくのは望ましいことですが、決まったからと言って事前予約をし、払い込みなどをするべきではありません。千葉は人口が多く、葬儀社は数多くあります。各社とも千葉で、365日24時間待機しています。葬儀は急におこなうことになるのが当たり前のことであって、急な手配に対応できるようにしてあるものです。葬儀をおこなうのはいつになるか、誰にもわからないことであり、十年後になるか、あるいは二十年後になるかもしれないことです。その頃には葬儀形態も費用も大きくさま変わりしているわけですし、その葬儀社が存続しているかどうかも予測できません。葬儀をする必要が生じたときに、インターネットで検索して、希望に最も合うプランと葬儀社をリアルタイムで選択できる状態にしておくべきです。

家族葬に定義はなく、形態は自由

家族葬は、インターネットの登場によって、人々が自由な選択が可能になったことで普及してきた形態であり、定義はありません。家族だけがおこなう葬儀ですから、故人と遺族だけで万事決められます。葬儀各社は、さまざまなプランを設定し、インターネット上のホームページに掲載しています。それらを見て回って比較して選択することもできますし、希望に合ったところが見つからなかったら、霊柩車の手配や、資格がないととりおこなえない手続だけを依頼し、他は業者を使わずに全部遺族だけで進めてもかまいません。決まった形式というものはありません。葬儀社が提供しているプランは、おおもとだけを設定し、祭壇の仕様や宗教関係者を呼ぶか呼ばないかなどは、すべてオプションとしているものが多くなっています。