千葉の家族葬専門の葬儀場を紹介します

近年さらに一般的になってきた家族葬。大勢の参列者への気遣いもなく、家族だけで静かに故人送ることができる葬儀スタイルです。千葉県内では、東京都に近い北西部に家族葬専門の葬儀場が多くみられるようになりました。家族と血縁の近い親戚や、故人と特に親しかった友人など、ごく限られた人のみで執り行われますので、遠方からの参列者数も少なめとなります。とは言え、新幹線や航空機で地方から移動してくる親戚のためにも、東京駅や羽田空港からのアクセスが良い駅周辺の葬儀場を選んでおくと、移動時間の節約にもなり、長旅を経て参列にきてくれた親戚の負担を減らすこともできます。さまざまな葬儀場が通勤圏エリアの各所に点在していますので、自宅に近く、都心からのアクセスも良いところを探しておきましょう。

自宅と最寄り駅、道路事情も考慮

家族で故人を送る葬儀だけに、その家族にとって一番良いのは、自宅に近い葬儀場を利用することです。自宅がマンションという場合、エレベーターを利用しにくいなどといった理由で、病院から故人を葬儀場に搬送して、お通夜から葬儀までを過ごすことになります。故人と一晩、静かに別れのひとときを過ごすうちに、生前、故人が愛用していた品物などを自宅に取りに戻るという事態も考えられます。深夜に自宅へ向かうとなったら、葬儀場との距離が近いに越したことはありません。また、最寄り駅と葬儀場の距離も、近いほうが安心です。千葉は、東京に近いエリアほど、時間によっては道路が混雑しますので、地方から来る親類の送迎という点で、できれば都心からのアクセスのよいターミナル駅に近い葬儀場が望ましいと言えます。

大事な家族だからこそ、心づもりを

亡くなってから葬儀場を選ぶというのは、故人への愛情が深いほど、気が動転してしまい困難を極めます。事前の葬儀場探しは縁起が良くないなどと思わず、むしろ大事な家族の葬儀を、より良いかたちで行うためと考えましょう。千葉の家族葬専門の葬儀場としては、JR線などの主要駅周辺に実績のあるグループの葬儀場が点在しています。家族や親類の人数や、お通夜の有無など、幾通りかのプランが用意されていますので、料金設定などもよく検討しておくと、万が一のとき、動転するなか検討せずに済みます。少しでも穏やかな気持ちで生前の故人を偲び、悔いのない良い式典で送ってこそ故人のためにもなり、別れのひとときそのものが、残された家族の心に、その後ずっと良い思い出として残り続けるはずです。